キャバ嬢を辞める前に赤羽の熟キャバをチェック

記事を読む

お店の紹介もございます。

赤羽のキャバクラ紹介

以前までは「キャバ嬢の仕事を続けたいと思っても、30歳を過ぎたら雇ってくれるお店がなくなる」と言われていました。
実際に派遣でキャストの仕事をしている方が「30歳過ぎたら、働けるお店が減って苦戦している」と聞いた事もあったほど。

ナイトワークの世界ではやはり何と言っても「若さ」に価値があり、顧客も雇用するお店も「キャストの年齢が若い程良い」と考えていた時代は確かにありました。でもそれはもう一昔前のお話。

キャバ嬢を続けたいけどもう若くない…そんな人は熟キャバへ

今は「30歳になった・30歳を過ぎた」からと言って、年齢を理由にキャストを続けられない、またはキャストの仕事が見つからないような事はありません。
ここ数年店舗数が増えている「熟キャバ」が、30代以上の熟女に熱視線を送っているのです。

熟キャバとは「熟女キャバクラ」の略で、その名の通り熟女(30~50代)が主にキャストを務めるキャバクラの事。
中には20代後半の若いキャストが熟キャバで働いていますが、20代の方は「若い女の子のお店は賑やか過ぎてついていけない」と、ノリが合わない事を理由にして移店しています。
熟キャバは普通のキャバクラよりも雰囲気が落ち着いており、その雰囲気に惹かれて顧客だけではなく若いキャストも流入しているんですね。

赤羽には熟女キャバクラが沢山

東京都北区赤羽には、熟女キャバクラが多いです。
「うちはキャバクラです」と言ってキャストを募集しているお店も、キャストの年齢をチェックすると「ここは熟キャバと呼んだ方が適切なのではないか?」と思えるケースも結構あります。

昔は赤羽にも若い女の子が働く一般的なキャバクラが多かったそうですが、柄の悪い若い顧客が増えて治安が悪化。
「顧客の年齢層・属性など客層を変えるために熟キャバが増えた」と言うお話を聞いた事があります。

客層以外にも中高年の顧客が増えたのも熟キャバが支持されている理由のようですね。
今は若い顧客よりも、中高年の方がパワーがありエネルギッシュなんです。

30代~50代まで働いている

赤羽の熟キャバを覗いてみると、キャストの主な年齢層は30~50代。
個人的に30代女性は熟女と言うよりまだ半熟な気もしますが、中には「こんなにしっかりした30代がいるなんて立派」と思える程、立ち居振る舞いや接遇マナーが綺麗な方もいます。

他にも50歳と言う年齢ながら(熟キャバでは年齢を偽る必要はありません)、まだ40代ではないか?と思える程若く美しいキャストもいます。
「もう50代だからナイトワークは無理」ではなく「50代でもまだまだ頑張れる・魅力がある」と感じますし、実際に50代のキャストも多くの顧客に支持されていますよ。

赤羽のキャバクラ求人の探し方

赤羽のキャバクラで働きたいなら、一体どこで求人を探せばいいのでしょうか?
求人誌やフリーペーパーにキャバクラ求人の情報が掲載されていますが、私はネットで探しました。
ネットの情報の方が掲載されるのも早いですし、体験入店の日程や「今何人のキャストが必要」なのか詳細もすぐにチェック出来ます。

ネットだと店内の様子や所属するキャストの写真、動画なども掲載されているので、お店に足を運ばなくても雰囲気が分かるのも良いなと思います。
スマホで移動中や外出中にサッと求人をチェックして、気に入った求人にはすぐにLINEや電話などで応募出来るのでとても便利です。

オススメはアローズグループ

画像引用元:http://arrows-group.jp

熟キャバの求人を赤羽で検索する時に第一候補になるのがアローズグループ。
「クラブティファニー美熟女Club Tiffany」 「エゴイスト美魔女club EGOIST」 「タローファーストTARO 1st」など、複数の熟キャバを赤羽で経営しています。
店舗の中にはドラマの撮影でも使用された高級店も。

運営元の会社は、長年赤羽でキャバクラを経営しているので運営ノウハウもしっかりしています。
熟キャバで働く女性は育児や家事、仕事とキャストの仕事を兼業しているケースが多いんですね。
だから「顔出しNG」「身バレ対策」「終電上がり」「自由シフト」など、働きやすい環境づくりをしっかり考えてくれています。

まとめ

アラサーやアラフォー世代でも、外見が若く綺麗な方、美意識の高い方、コミュニケーション力の高い方は意外と多いです。
「もう30代、40代だからナイトワークは無理」と自分で自分の限界を設定しなければ、キャバクラで活躍出来るチャンスはいくらでもありますよ。