一緒じゃないの?赤羽の姉キャバと熟キャバの違い

一緒じゃないの?赤羽の姉キャバと熟キャバの違い

姉キャバの方が普通のキャバクラに近い

熟キャバと姉キャバを比べると、姉キャバの方が普通のキャバクラに近い印象です。
赤羽以外にある姉キャバをちょっと調べてみると、25~30代の女性だけではなく、何と10代後半から20代前半の若年層と呼ばれる女の子も勤務している実態が。

姉キャバに10代後半の女の子が勤務していると、そのキャバクラは「姉キャバ」と呼んでいいのかどうか迷ってしまいそうですね。
例え10代後半の女の子も「普通のキャバクラは女の子がきゃぴきゃぴしてて嫌」「賑やか過ぎて全然ついていけない」と感じれば、姉キャバに勤務可能なのです。

赤羽の姉キャバに関して言うと、時給が熟キャバに比べて若干高いのも姉キャバの特徴です。
赤羽の熟キャバの時給は平均して約3,000~3,500円ですが、姉キャバだと経験者は時給が4,000円からになっているんですね。
姉キャバは未経験者が多く入店してくる傾向にあるのですが、その中でも経験のあるキャストは優遇されているわけです。
これも姉キャバが普通のキャバクラに近い証拠になります。

熟キャバの方が年齢の幅が広い

姉キャバの年齢層は、主に20代後半から30代がメイン。
ところが熟キャバは20代後半から50代までと年齢の幅がとても広くなっています。
この年齢層はあくまでも目安に過ぎないので、前述のように姉キャバに10代後半の若い女の子が紛れ込んでいる事もあります。
ただメインとなるキャスト層はここで上げた年齢の幅で間違いありません。
熟キャバの方が「より幅広い年齢の女性を受け入れてくれやすい」とも言えそうですね。

赤羽では熟キャバの方が選択肢が広い

赤羽では、姉キャバよりも熟キャバの方が店舗数が多いのが実態。
だから20代後半やアラサー以上の女性が「いざキャバクラで働きましょう」と思えば、熟キャバの方がお店を見つけやすい事になります。

「熟キャバは一般的なキャバクラよりも時給が低くて、お店もどことなく古めかしいのでは?」
とイメージしている方がいるかもしれませんね。
確かに時給は3000円前後なので、高級キャバクラに比べると時給は確かに安いです。

でも赤羽には、ドラマの撮影に使用されるくらいインテリアにこだわったゴージャスな熟キャバもありますよ。
内装がブラック基調の落ち着いたお店もありで、決して「古めかしい」とか「簡素な作りで豪華さがない」なんて事はありません。

まとめ

姉キャバが気になる方はまず、自分の目でお店の内装や雰囲気を確認する方が良いです。
百聞は一見にしかずと言いますから、赤羽の熟キャバでまずは体験入店から初めてみてはいかがでしょうか?