まだ熟女って年でもない…それなら赤羽の姉キャバで働くのがおすすめ

まだ熟女って年でもない…それなら赤羽の姉キャバで働くのがおすすめ

「姉キャバ」とは20代後半から30代の女性が主に接客してくれるキャバクラの事。
顧客の年齢層が上がっている昨今、「癒される」「話題が合う」と注目されています。

そもそも姉キャバとは?

一般的なキャバクラでは、10代後半から20代前半の若年層と呼ばれる女の子がメインで活躍しています。
若い女性が多いとどうしても20代後半や30代の女性はお店に居づらい雰囲気になってしまい、結果的にお店を辞めてしまう事も。
年齢が5つ若くなるだけでもお客様や他のキャストとも話題が合わなくなってきますし、何よりも自分自身が仕事を楽しめなくなってしまいます。
常に「年齢を誤魔化している事がバレなきゃいいんだけど…」と不安になっていると、仕事にも集中出来ませんよね。

そこで登場したのが姉キャバ。姉キャバは20代後半から30代の女性がメイン。
熟キャバは30~50代の女性がメインなので、熟キャバに比べると年齢層が割合若いのが特徴です。

キャバクラを利用されるお客様の年齢がだんだん上がっているため、「姉キャバ需要がかなりある」とテレビでも話題になり注目されています。

姉キャバに向いてる人の特徴

姉キャバは普通のキャバクラに比べると「落ち着いている」のが大きな特徴です。
お店にやって来る顧客もそうですし、勤務するキャストも大人しめ。

若い顧客が多いと大声を出して騒いだり、大音量のカラオケで会話がしにくい、女の子に一気飲みを要求する、顧客同士で喧嘩する、会計時にお金がないと言って揉める(結局キャストが支払う)などトラブルになるケースがあります。
賑やかでエネルギッシュと言えば良いのかもしれませんが「若い人が多くて騒がしいお店で接客したくない」と思うキャストも実際にいるんですね。

姉キャバは20代後半の女性で、さらに「出来るだけ落ち着いた雰囲気のお店で働きたい」と思う方に向いています。

アラサーだけどキャバクラと同じ環境で働きたい人

姉キャバと普通のキャバクラとの間に、何か大きな差や違いはあるのでしょうか?
キャストの年齢層に若干の違いはあっても同じキャバクラには違いなく、接客スタイルやお店の作りなどに大きな差はありません。

アラサーになり若い女の子の多い普通のキャバクラから離れても
「以前と同じようにキャバクラ店で働きたい」と思う方は、姉キャバを選ぶのが一番。
姉キャバだからと言って、お店のインテリアや質感が他のお店に比べて落ちるわけではありません。

アラサーだけど以前働いていたキャバクラと同じ環境で働きたいなら「姉キャバ」を選ぶのがベストです。

同じお店のキャバ嬢が若くて浮いてる感じがする人

20代前半の女性は若年層に分類されますが、そんな若い女の子の中にも大人びており落ち着いたキャストもいます。
20代だと普通のキャバクラでも十分通用するのですが、本人が落ち着いたお店に勤務したいと希望すれば、姉キャバで受け入れるケースもあるようです。

姉キャバの場合20代後半から30代女性がメインですが、20代前半の若い女の子がいるのは「周りがきゃぴきゃぴしすぎて、何だか私、ノリについていけない」から。
年齢に関係なく「自分が周囲から浮いてる感じがする」時、姉キャバで働く事を選択する若い女性もいます。
年齢に関係なく、お店のノリに合う・合わないで姉キャバを選ぶのも有りなのです。

同世代が多い赤羽の姉キャバで働こう

赤羽には複数の姉キャバがあります。
「周りが若い子ばかりで浮いてしまう自分がいる」「年齢を偽るのが嫌」「若作りに無理があるような気がする」
そんな悩みを抱えながら、若い女の子と同じお店で働いているアラサー女子は姉キャバに注目。

赤羽の姉キャバは同世代が多く働きやすいのが特徴。年齢を誤魔化すのが嫌だ、落ち着いたお店で働きたい方は注目です。

まとめ

今注目されている姉キャバですが、赤羽には複数の姉キャバ店があります。
お店にもよりますが、ノルマや罰金がなく自由シフトでのびのび勤務出来るケースもあるようなので、興味のある方は体験入店から初めてみるのがおススメですよ。