空いた時間に熟キャバで稼ぐ!熟女キャバクラはダブルワークに最適!

空いた時間に熟キャバで稼ぐ!熟女キャバクラはダブルワークに最適!

週1から出られるお店もある

熟キャバはママキャストも多く、中にはOLと兼業している方もいて専業キャストは比較的少なめです。
そのためシフトが柔軟で週に1回の勤務でもお店側から嫌がられる事はありませんでした。

週に1回だけの勤務はもちろん、週末だけの勤務や一回の勤務時間3時間程度、終電上がりや早出、遅出などキャストの都合に合わせて調整してもらえます。
もちろん「来週は時間に余裕があるから、週3日勤務したい」と思えば事前にシフトを提出すればOK。
勤務回数や勤務時間についてのノルマはありませんので、無理をする必要はありません。

「たくさん勤務出来た方がお店の方から喜ばれるのではないか」と思う方もいるかもしれませんね。
確かにお店側とすればたくさんのキャストがお店に居てくれる方が良いのですが、無理なシフトを組んでお休みされるのもかなり困るので、正直にシフトを申告する方が良いです。

もし勤務直前にお子さんが熱を出して寝込んでしまった場合は必ずお店に連絡してください。
連絡しないまま欠勤すると無断欠勤になります。
一般企業でも無断欠勤は大きなマイナスになりますよね。キャバクラ勤務だから連絡しなくて良いというわけではありません。

私が勤務した熟キャバでは、勤務直前にお子さんの都合で欠勤しても罰金が引かれる事はありませんでしたし、別の日に振り替え出勤しなさいと強要される事もありませんでした。
とても働きやすくて、他のキャストも「すごく有難い」と言っていましたね。

もちろんお店によってお休みの扱いが変わってくるので、入店前に良く確認しておいてください。

求人にダブルワーク歓迎とあるお店を選ぼう

勤務シフトに柔軟に対応してくれるお店かどうかは、求人に「ダブルワーク歓迎」や「お子さん優先OK」等と書かれているお店を探すのが一番。
求人に兼業OKと堂々と書かれている場合は、兼業しやすいようにお店のシフトもかなり自由が利きますし早出や遅出、早上がり、終電上がりなど勤務も柔軟に対応してもらえます。

もしあなたがママなら、同じような境遇のママキャストが多いお店も狙い目。
ママキャスト同士は共感出来る事がとても多いので、互いにシフトを融通したりお休みしても「子供が熱を出してお休みするのは仕方がないのよ」と理解してもらいやすいです。