普通のキャバクラと違うの?熟女キャバクラの仕事内容

普通のキャバクラと違うの?熟女キャバクラの仕事内容

熟キャバだからと言って、ダンスを踊ったり歌ったりと何か特別なショーやサービスをしなければならないわけではありません。
熟キャバも一般のキャバクラも、サービスの内容自体はほとんど変わりません。

仕事内容自体はキャバクラとほぼ変わらない

熟キャバも、お客様が来店すればキャストが隣に座ってお酒を作り、楽しい会話で楽しい時間を過ごしてもらうお仕事です。
ただ接客するキャストの年齢層は30~50代の女性がメイン。
大人の女性がゆっくりお相手してくれるので、仕事のことや家庭・恋人の愚痴などを喋ってストレス発散されているお客様もいます。

若いキャストが多いキャバクラだと、どうしても年上の男性は「しっかりしている所を見せなきゃいけない」「愚痴を言ってはダメだ」と思ってしまうようですね。
通常のキャバクラに中高年の男性が遊びにいくと、「大人の男を演じなければならない」と思っても仕方がないでしょう。

熟キャバはそんな疲れた大人の男性を癒したり楽しい時間を演出して差し上げる空間です。ただ接待の方法自体に奇抜さや目新しさはありません。

お客さんが求めているものが違う

さっきも少し触れましたが、10代後半から20代前半の若いキャストが多いキャバクラでは「男は弱みや本音を見せてはいけない」と思って余裕のある大人の男性を演じてしまう方がいます。
けれど熟キャバなら、同じくらいの年齢のキャストも多いので仕事や家庭での愚痴や悩みを相談出来ますし、キャスト側も人生経験がそれなりに豊富なので役に立つアドバイスを伝えられる可能性大。

時には20~30代の比較的若いお客様もお見えになります。
そういう方は元々年上女性が好きなのですが、良く話を聞くと「年上女性に甘えさせて欲しい」欲求があるようなのです。

ビートたけしさんが「男は年上の女性に甘えたいものなんだ」とテレビで言っていたのを見たことがありますが、その通りですね。
若い女性が多いキャバクラでは、最初から口説き目的だったり、若い女の子の綺麗な体を見て楽しむ、若い子のパワーに接するなどが嬉しいのだと思いますが、熟キャバに来るお客様はそういったものは求めていません。

熟女らしい包容力や落ち着きを求めている

お客様が熟キャバに求めるものは、「女性の優しさ」や「包容力」「癒し」「安らぎ」「話題が合う事」「甘えさせてくれる事」なのです。
熟キャバだとキャストの年齢層が高いので、顧客と話題が合うのもお客様にとって癒しになるんですね。

お客様の心を癒す、または満足して頂くのが熟キャバの役割。
そのため派手な服装やメイクよりも、内面の成熟さをアピールした方が良いです。

私が以前働いていたお店のナンバー1キャストは、ルックスは十人並みでしたが上品で優しい雰囲気の方でした。
その方はお喋り上手ではなく聞き上手で、お客様の話を否定せず、言葉遣いが丁寧、要所要所で笑顔を見せると言う特徴がありましたね。

まとめ

お客様はどんな話をしても否定せずに上手く合わせてくれるキャストを信頼します。
お客様はキャストに、深い包容力や落ち着きを求めていたのです。

ルックスがイマイチだから固定客がつかない、なんて事はありません。
まずは顧客の話をきちんと聞く事、信頼関係を作る事から始めましょう。